マイナンバー制度と企業の対策

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-5  TEL:03-5350-7755/FAX:03-5350-7751 info@consul-net.co.jp

マイナンバー制度の企業対策【情報セキュリティ認証】

2016年1月 マイナンバー制度施行。

マイナンバーは公共機関だけが対応するものではありません。

むしろ、一般企業に多大な影響を及ぼすものです。各企業は早いうちに対策の検討が必要です。


  会社は源泉徴収票や雇用保険証の作成に社員・家族のマイナンバーを預からなければなりません。

  また、アルバイトや個人事業主への賃金支払いのためにマイナンバーを預からなければなりません。

  学校は奨学金の管理のために、学生のマイナンバーを預からなければなりません。

 

マイナンバーが漏えいすると、成り済ましの可能性など、今までの一般的な個人情報とは比較にならないほどのインパクトを個人の与える可能性があります。

マイナンバーを預ける側としては、情報セキュリティ管理体制に、安心感のある企業・学校でなければ、就職・就学に躊躇してしまうことになります。

情報セキュリティ管理ができていると認識してもらえなければ、人事採用・パートナー募集・学生募集・などに支障を及ぼし、経営計画に影響を与えかねません。


>>内閣官房マイナンバー制度サイト
>>『マイナンバーと情報セキュリティ』セミナーはこちら

今のうちにISO27001の取得を目指しましょう!

マイナンバー対策情報セキュリティ体制を内外にアピール

○第三者認証なので、情報セキュリティ体制の“お墨付き”になります。
○業務に即したマニュアルで、ムリなく納得のいく体制構築ができます。
○適用宣言書で漏れのない対策をアピールできます。

第三者認証情報セキュリティの国際規格です

○国際的な評価を受ける第三者認証規格。
○どんな組織体制にも合う形で構築できるよう、要求事項を作り上げています。
プライバシーマークと違い、情報の“重みづけ”をします。重要な情報を徹底して守ることが可能です。
プライバシーマークに無い、物理的セキュリティ対策にも対応します。

マイナンバー制度と経営経営に直結した仕組みです

○要求事項に経営マネジメントシステムとの整合を要求。実務に即した無理のない仕組みになります。
○他のISOマネジメントシステムとの相性も良く、マニュアルを統合しやすくなっています
○企業の規模・ニーズに合った形で作り上げなさい、と明確に指示しています。高すぎる対策は必要ありません。
○何か起きた場合の対応も決めておきます。問題の早期収拾が可能となります。

 

マイナンバー制度にはISO27001マイナンバー制度への対策はISO27001が最適!

>>さらに詳しい情報はこちら

>>マイナンバー制度とISO27001 資料